終活

 終活とは「人生の終わりのための活動」の略であり、人間が人生の最期を迎えるにあたって行うべきことを総括したことを意味する言葉です。

 最近では「終活」という言葉も書籍、新聞、テレビなどで取り上げられることが多くなり、ようやく一般の方にも認識されるようになってきたと感じています。

 

「相続まるごと相談所」では相続対策や遺言書作成のお手伝いを通じて、終活についてのカウンセリング業務を行なっております。相続まるごと相談所を運営管理する向井総合法務事務所の代表は終活カウンセラー協会の終活カウンセラー資格を有しており、高齢者の方の法律面のみならず、お墓のこと、介護のこと、医療のこと、保険のこと、お金のこと、現在の生活のこと、などなどの高齢者の方のなやみごとをお聞きし、各専門家へとつなげるカウンセラーとしても活動しています。

 

 今まであったご相談は、エンディングノートの書き方や、介護のことや、希望の葬儀を予算の範囲内で準備しておきたいなど、本当に様々な相談が寄せられております。遺言書のことや成年後見などの法律的な相談も多いですが、終活カウンセラーは法律的な問題にとどまらず、高齢者の方の意見を尊重し、傾聴し、高齢者の方が生き生きと老後を過ごされ、そして残されたご家族のことも考えて、それぞれの専門家と連携をとりながら高齢者の方が納得のいく老後を過ごせるようにサポートすることが仕事です。

 

 相続、遺言、成年後見といった法律的な相談だけではなく、お墓のこと、介護のこと、医療のこと、年金のこと、保険のこと、家族のこと、近所付き合いのこと、気になることや不安なことがあればなんでもご相談ください。

 

 皆さんも元気なうちに自分らしい人生の終焉のあり方を考える終活をされてみたはいかがでしょうか?

 

 

ツイッター