遺言書を書きましょう

大阪相続まるごと相談所では、普段の仕事のなかでお年寄りの方とお話をする機会が多いのですが、やはりまだまだ遺言書の必要性をわかってらっしゃらない方が多いと感じます。

 
それは、遺言書の書き方とかエンディングノートや遺言との違いとかではなく、遺言書がなかったがために悲惨な相続事件が起きているということです。

書き方やエンディングノートとの違いなんてものは専門家に聞けばすぐに解決します。大阪相続まるごと相談所でも遺言書の書き方指導もやっておりますし、公正証書遺言の作成もお手伝いさせていただいております。

しかし、遺言書を書くことの「必要性」はなかなか理解してもらえないのです。

私の説明不足、力不足な部分も多々あるかと思いますが、説明した時点では遺言書を書く必要性を理解していただいても実際に遺言書を書いている人は恐ろしく少ないのです。

遺言書を書かない理由でよく聞くお話としては「うちは相続税がかかる程の財産がないから遺言書なんていらない」というものです。

こういう方は「相続税対策」と「相続対策」をごっちゃに理解しています。

相続税対策が必要な資産家の方は税理士さんや信託銀行さんなどから相続対策のアドバイスを受けている場合が多いので「相続税対策」だけでなく「相続対策」もできている場合が多いのです。

しかし、相続税がかかる程の財産がない方は何もしなくて良いのでしょうか?

家庭裁判所へ遺産分割調停が持ち込まれる件数は年々増加しています。そのなかでも相続税がかからない案件が増えているのです。

遺産の中に銀行預金などの現金がたくさんある方はまだマシです。でも現金がほどんどなくてマンションなどの不動産がある場合はどうやって遺産を分けるのですか?亡くなられた方が借金をしていたり連帯保証人になっていたらどうするのですか?

「相続税対策」と「相続対策」は似ているようで別々のものです。

「相続税対策」が必要でない方も「相続対策」は必要です。

自分が亡くなった時に残されたご家族を悲惨な相続事件に巻き込みたくないなら事前に準備をしておきましょう。

そして、その事前の準備の中でも「遺言書」は重要なものです。

遺言書が有るか無いかで残されたご家族の人生が変わってしまいます。

それだけ遺言書は重要なものなのです。

事前の準備をしましょう。そして、遺言書を書きましょう。
 
 
 

ツイッター